コラム

建物の基礎について

歴史の教科書などで、縄文時代や弥生時代の建物のイラストを見たことはありますか?地面に直接杭を建てたり、壁板を立てることで雨風を凌げるようにしています。しかし、現在の建物は竪穴式住居などよりも大きく、立派なものです。そこで問題になるのが建物の重量です。沢山の建材を使って建物を作ると、それだけ重量が大きくなります。もし地面に直接家を建てれば、いずれ重みで沈み込んでいくでしょうし、地中の水分やシロアリなどが家の建材に直接入り込むので、家の寿命もかなり短くなると思われます。そこで、現代の建物は、ほとんどが基礎を作って、その上に立てられるようになっています。最近の住宅で多いのは「ベタ基礎」と言われるコンクリートの塊の上に家を載せている形態のものではないでしょうか。また、倉庫や車庫など小規模な建物では、コンクリートブロックを地中に埋め込むことで基礎としている例もあります。基礎は建物を支える重要なものなので、施行は信頼できる業者に任せることが安全で確実だと思われます。

0800-805-7266


通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7266

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

私たちが24時間365日サポートいたします

0800-805-7266

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。